vadp連携バックアップ – Backup Exec 製品概要

バックアップソフトウェア製品は、VMware仮想化システムの特徴に適応した仮想マシンの保護を実現するために、VMwareのデータ保護フレームワークVADPと連携したバックアップソリューションを提供し

仮想マシンのVADP連携バックアップにおいて、仮想マシンの変更ブロックのみを永続的に繰り返しバックアップする、“永久増分”によるバックアップ運用が実現可能です(Accelerator for VMware:VADP連携の重複排除バックアップ(アクセラレータ有効))。

VADP連携バックアップ時、更新ブロックをNetBackupサーバ(=バックアップサーバ)に転送している最中に、バックアップ元の仮想マシンに障害が生じても、仮想マシンとそのバックアップの両方が消失することはありません。

仮想マシンを丸ごとバックアップする機能として多くの製品が対応しています。 このvadpの仕組みやバックアップ動作について、伊藤忠テクノソリューションズ(ctc)のエキスパートエンジニアが詳しく解説

VMwareが提供するバックアップのAPIである「VADP」。仮想マシンを丸ごとバックアップする機能として多くの製品が対応している。このVADPの仕組み

vStorage APIなどVMware機能と連携してバックアップ vStorage API for Data Protection(VADP)に連携した方法であれば各仮想マシンに負担をかけずに仮想マシンを構成するvmdkファイルの保護が可能で

NetBackupでは、VMware vStorage APIs と連携し、 エージェントレスで仮想マシンをバックアップ します(VADP連携バックアップ)。また、VADP連携による仮想マシン単位のイメージバックアップから、 ファイル単位やアイテム単位のリストアが可能 で、細やかな

VMwareのバックアップのフレームワーク(仕組み)として、VADPという仕組みがVMware社から提供されています。 バックアップソフト(Symantec Backup ExecやArcserve)などがVMware環境をバックアップする場合、このVADPを使用しています。

仮想化環境でのバックアップにはどんな種類がある? 適用範囲は? 主要な手法とそれぞれのメリット・デメリットを整理しておこう。後半では

vadp連携バックアップ~fc経由で仮想マシンをイメージバックアップ Arcserve Backup Guest Based Virtual Machines Agent Bundle があると、エージェントレスで仮想マシン全体を、VADP連携でバックアップすることができます。

バックアップ・リストアを行う仕組みとして、VMware Consolidated Backup(VCB)と、VMware vStorage APIs for Data Protection (VADP)の2種類がある。 VADPはvSphere4から登場した新しい仕組みで、基本的にはこっちの方が高機能である。

仮想化環境のバックアップの課題
[PDF]

バックアップはデータ保護の基本として重要です。 しかし、仮想環境でのバックアップには特有の課題があり、 それぞれの仮想化プラットフォームの特徴を考慮した運用が必要です。 このセションでは、代表的な仮想化プラットフォーム VMware環境において

vStorage API for Data Protection(VADP) とは。 (バックアップソフトウェアのエージェント利用) 追加のコンポーネント、スクリプト、連携モジュール、アプリケーションをダウンロードしたりインストールする必要はありません。

VMwareが提供するバックアップ用API「vStorage API for Data Protection(VADP)」は、仮想環境のバックアップを効率化する上で欠かせない機能だ。VADPに着目

VBRはVADPによるVMwareスナップショットと連携して仮想マシンをバックアップしますが、その際に、Active Directory, Exchange, SharePoint, MS SQL Server, Oracleについてはデータの整合性を保持してバックアップすることが可能です。

[PDF]

本書は、エージェントレスバックアップ機能のうち、VMware 仮想マシンのバックアップ運用に ついて説明しています。 Hyper-V 環境におけるエージェントレスバックアップについては

[PDF]

が、Arcserve Backup との連携機能を使って、バックアップしたデータをテープ媒体に保管できます。Arcserve Backup Web サービスを利用することで、テープへの保管設定を Arcserve UDP のコンソール画面から設定できます。

ふと見かけたのでご紹介。 VMware vSANクラスタを利用する上で、VMバックアップは重要な考慮事項です。 どんなバックアップができるのかというと、、vADP連携のバックアップ製品を用いたものが主流かと思います(外部ストレージのようなLUNバックアップは不可)。 しかし各ベンダの製品がどれ

機能概要. VMware ESX環境で仮想マシンの実データとメタデータを、それぞれDell EMC Data DomainとDell EMC NetWorkerでバックアップしている場合、仮想マシンのトラブル時にDell EMC Data DomainがNFSデータストアとして振る舞い、その上で仮想マシンを起動

Veeam Backup & Replication Community Editionで、VMwareやHyper-Vの仮想マシンをバックアップ、リストア。ホストとVMの数に制限はありません。ずっと無償でご利用いただけます。

vdp を使って、指定した時間にバックアップが実行されるようにバックアップジョブを作成します。 また、バックアップ実行中に仮想マシンに影響が出ないことを確認するために、手動バックアップを実施

[PDF]

N u t a n i x A H V 環 境 の バ ッ ク ア プ 編 株式会社ネットワールド SI技術本部ストレージ基盤技術部 ストレージソリューション2課 ~Commvaultのバックアップ検証をやってみた!シリーズ~ Nutanix Acropolis Hypervisor環境のバックアップ編

VADPバックアップにおけるインスタントリカバリとは、ストレージ装置をVMwareのNFS datastoreとして使用することで、ストレージ装置にバックアップされたゲストOSを直接起動して、ただちにアクセスできるようにする機能です。

vadp連携を実装したバックアップソフトウエアのリリースはすでに始まっていますが、まだvadpが提供するすべてのapiを使い込んだような連携を実現しているものはない模様。整合性の確保やバックアップ

今回は、vSphere のバージョン5.1 より導入されているバックアップとリカバリソリューションvSphere Data Protection Advanced(VDPA) に焦点を当て、先日発表されましたバージョン5.5 で追加された新機能・特徴の概要をご紹介します。

vStorage APIs for Data Protection (VADP) サードパーティ製のバックアップソフト(データ保護アプリケーション)に対して拡張機能と柔軟性を提供 →VMFSスナップショット機能と連携し、ダウンタイムなしにバックアップを実行。

霧島酒造様:バックアップ速度、データ圧縮容量など実測値大公開. Arcserve UDP Appliance. 江別市様:Nutanix AHVへのバックアップ アプライアンス導入で運用負荷を軽減. 入間市様:新仮想基盤へのバックアップ アプライアンス導入で行政サービスを向上

リストア問題のポイント
[PDF]

チ ェ ッ ク サ ム の 再 計 算 と 比 較 Data Domain Boostソフトウェアを導入することで、AvamarとData Domainの連携を実現 バックアップデータの特性に合わせて保存先を設定することにより、 自動的に指定した保存先に保存されます。

※VADPと連携したバックアップを行うには、VMware Plugin 2.0以降での対応となります。 【構成方法 1】 VADPと連携して、複数台のVMware ESX上の仮想マシンのデータ保護を行う – Enterprise Editionの

仮想化環境向けのvadp連携バックアップは、エージェントレスで仮想マシンごと世代管理することが可能で、細々とした運用の負荷を軽減できる

バックアップソフトや業務アプリケーション、ストレージと連携させるための共通のフレームワークやそのためのapiを提供しており、ある特定時点のデータコピーである「スナップショット」を作成するサービスになります。 vssの仕組み

〔VADPバックアップ〕 VMware社が提供するバックアップ用API「VMware vSphere Storage APIs – Data Protection(旧称:vStorage APIs for Data Protection)(VADP)」と連携してバックアップする方法 〔重複排除用ディスクプール〕

vSphere Data Protection 6.0 を構築した上で、バックアップジョブを作成し、仮想マシンバックアップとリストアが出来るようにします。 なるべくスムーズに構築できるように、連載の順番通りに実施することをオススメします。

また、フルバックアップだけのシンプルな運用とすることができます。 さらに、「VADP連携バックアップ」と併せて使用することで、VMWare仮想環境のフルバックアップに掛かる時間も同様に短縮することが出来ます。

[PDF]

「バックアップオプション」の 「仮想マシン」を開きます。 vmのバックアップに関する 設定項目があります。 ディフォルトでgrtは有効に なっており、vmdk内のファ イル/フォルダが個別リスト アできるバックアップ設定に なっています。 ここでは、特に

バックアップデータに変換していく処理を行います。 vSphereの場合には、vStorage API for Data Protection (VADP)を利用しています。 Hyper-Vの場合には、VADPのようなAPIが用意されていないので、初回のバックアップ時に

ArcserveのようにバックアップLANインターフェースが設定できない場合はどうする? さて、専用に用意したVMkernelポートにバックアップサーバーがアクセスしバックアップをしたいのですが、Symantec Backup Execのようにバックアップで使用するネットワークインターフェイスを設定出来れば良いの

2015年 仮想化プラットフォームの新事情VMware vSphere 6.0、Microsoft Hyper-V、RHEV 3.5の仮想化プラットフォームについて、新機能と機能拡張を中心にその最新動向を探る。–>この特集のまとめPDFを無料でダウンロードできるようになりました!2011年 8月2

現在、VMwareバックアップに対応したバックアップソフトウェアを使用して仮想マシンバックアップを行う場合、VMwareが提供しているバックアップのためのAPIであるVADP(VMware vSphere Storage API – Data Protection)と連携し、仮想マシンを丸ごとイメージバックアップするケースも多くなってきてい

旧文書番号021012338 概要本文書では、rdm を接続した仮想マシンを vddk 連携でバックアップ/リストアする方法について説明し

また、バックアップ、リカバリだけでなく、ネットアップ FAS の自慢の機能の一つである FlexClone の機能と連携して、短時間で Datastore のクローンを作成したり、仮想マシン上の単一ファイルのリストア(SFR:Single File Restore)運用も標準で利用することができる

VADP(vStorage APIs for Data Protection)によるVMware ESXiのパフォーマンスの向上: Plug‑in for Hyper‑VはVADPと連携して、ESXi Serverの負荷とLANのバックアップ・トラフィックを低減する集中バックアップを提供します。 このアプローチは、統合型ハードウェアである必要がある場合、特に重要

6: Arcserve UDPのイメージバックアップデータはフルバックアップに合成されてテープにバックアップされる 最後に技術的な注意点を。 この連携機能ではテープ単体でもイメージバックアップのデータを取り出せるようにするため、

バックアップ前のvdpの使用容量は下記のとおりです。536gbですね。 バックアップ後に536gbから減った容量がバックアップに使用された容量ということになります。 各種2回ずつバックアップを実施しますが、1回目と2回目の間にデータ更新は一切行いません。

VCBはコマンドベースの技術でバックアップソフトからVCBのコマンド(vcbMounter.exe)を呼び出して連携をとっていたが、VADPはライブラリで提供され、バックアップソフトはこのライブラリのAPIをコールする事で連携をとっており、より密接な制御が可能となった。

指定したディスク or パーティション を、丸ごと完全にバックアップしてくれるソフト。 指定したディスク / パーティション を一つの イメージファイル としてバックアップし、後から完全な状態で復元できるようにしてくれます。 イメージを圧縮して保存する機能や、作成したイメージを

[PDF]

vSphere APIs for Data Protection (VADP) との連携: 本番環境 の仮想マシンのバックアップ プロセスを専用の仮想アプライアンス に委譲します。1 つの仮想アプライアンスにつき、最大 8 台の仮想 マシンを同時にバックアップできるため、バックアップのスルー

[PDF]

ントソフトウェアおよびバックアップ、アーカイブおよびリストアインターフェースをイン ストールして構成します。 コンピュータ環境内で NetBackup サーバーと連携して動作するようにクライアントソ フトウェアを構成します。

バックアップソフトの対応状況により利用可能な機能範囲が異なります。 Q26:VADPに必要なものは何ですか?どのようなバックアップソフトに対応していますか? LANフリーバックアップにはWindowsサーバと、共有されたVMFSが必要です。

NetBackup では、次のように、複数のサーバーが連携して動作するように、1 台の NetBackup マスターサーバーの管理下でサーバーが制御されます。 マスターサーバーでは、バックアップ、アーカイブおよびリストアが管理されます。

ユーザのバックアップ・ソリューションへの統合へ vssは稼働するアプリケーションのバックアップに長く使用されていますが、仮想マシン全体が一度にバックアップされる仮想環境でもさらに重要に

Avamarは、企業のバックアップ関する全ての管理が可能です。Data Domainとの連携に関しても 直感的で分かりやすい画面により簡単に運用できる仕様となっております。

逆転オセロニアのデータ引き継ぎ方法をご紹介します。機種変更や修理など、別の端末へのデータの移し方を解説。困った時のお問い合わせ方法も。 オセロニアのデータを引き継ぐ方法は、機種変更コードを発行して行う方法とFaceboo

データバックアップの複雑さを解消し、リスクを限定。適切に拡張することでストレージコストを抑制。データを 1 つの統合ソリューションで保護。詳細はこちら。

Veeam Backup & Replicationは、VMware VMとHyper-VのVM、物理環境、およびクラウドのためのバックアップ、レプリケーションおよび復元オプションを提供するデータ保護ソフトウェアです。

アクティフィオは VMwareのvCenter API、VMware APIs for Data Protection(VADP)、Change Block Tracking(CBT)、さらにはVMware vSAN(VSAN)、VMware Virtual Volumes (VVol) との統合を実現しており、あらゆるレベルでSoftware-Defined Data Centerを管理することが可能になっています。

[PDF]

VMware vSAN環境におけるデータ保護 ソリューションブリーフ クラウドによるデータ保護への期待と課題 クラウドは弾力的にワークロードを処理し、低コストなストレージモデルを使用できるため、データセンターの代替として大きな可能性を秘めて

仮想マシンの一般的なバックアップ方法は、VADP (vStorage API for Data Protection) 対応のバックアップ エージェントを使って、データストアからVMイメージ ファイルを読み込み、バックアップ先のストレージへイメージ ファイルをコピーする方法です。