g csf製剤インタビューフォーム – 医薬品インタビューフォーム

[PDF]

④製薬企業の機密等に関するもの、製薬企業の製剤努力を無効にするもの及び薬剤師をはじ め医療従事者自らが評価・判断・提供すべき事項については記載されない。 ⑤「医薬品インタビューフォーム記載要領 2013」(以下、「IF記載要領 2013」と略す)に

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領2008 に準拠して作成 G-CSF製剤 Filgrastim BS Inj. 75μg・150μg・300μg Syringe“TEVA” フィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続2]製剤 剤形 注射液 製剤の規制区分 処方箋医薬品*

[PDF]

g-csf製剤 フィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続3]製剤: 剤形 注射液. 製剤の規制区分 処方箋医薬品(注意 医薬品インタビューフォーム作成の経緯

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領(1998年9月)に準拠して作成 G-CSF 製剤 処方せん医薬品 ®登録商標 剤形 注射剤 規 格 ・ 含 量 グラン注射液75 :1アンプル(0.3mL)中フィルグラスチム(遺伝子組換え) 75µg含有

[PDF]

g-csf製剤. 剤形 注射液 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 ただし、薬事法・製薬企業機密等に関わるもの、製薬企業の製剤努力を無効にするもの及び薬剤師自

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のif記載要領2013に準拠して作成 g-csf 製剤 フィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続3]製剤 剤形 注射液 製剤の規制区分 処方箋医薬品(注意−医師等の処方箋により使用すること)

g-csf製剤(顆粒球コロニー形成刺激因子製剤)の効果・作用機序や副作用、一般的な商品や特徴を解説しています。「処方薬事典」は日経

【薬剤師監修・作成】「g-csf製剤(顆粒球コロニー形成刺激因子製剤)」骨髄中の顆粒球系(特に好中球)の分化・増殖を促進する作用や好中球機能亢進作用、好中球に対する抗アポトーシス作用などをあらわすg-csf(顆粒球コロニー形成刺激因子)の製剤で、がん化学療法などによって

EORTC のG-CSF 使用に関するガイドライン(2010)のupdate では,G-CSF 製剤のフィルグラスチム,レノグラスチム,ペグフィルグラスチムに加え,XM02 を含むフィルグラスチムバイオシミラー2 製剤を取り上げ,いずれも臨床的に有効であり,発熱性好中球減少症

顆粒球コロニー刺激因子(かりゅうきゅうコロニーしげきいんし、granulocyte-colony stimulating factor)とは、サイトカインの一種で顆粒球産出の促進、好中球の機能を高める作用がある。 英語の略号でG-CSFと表記することが多い。

販売名 プロダクト シート 添付文書 (改訂年月) 添付文書改訂の お知らせ等 インタビュー フォーム くすりの

[PDF]

G―CSF製剤の歴史 がんDDS製剤の臨床応用 The history of Granulocyte-colony stimulating factor Granulocyte-colony stimulating factor is a glycoprotein that stimulates the bone marrow to produce granulocytes and stem cells and release them into the bloodstream. Pegylated

Author: Momoko Takahashi, Chihiro Kondoh, Toshimi Takano

g-csfはがん治療の支持療法として必要不可欠な薬剤です。感染症はがん治療の中でも大敵であり、感染症にならないよう日々の治療を行っています。白血球の回復を早め、重篤な感染症を回避することができる反面、投与後の骨痛や爆発的に増える白血球に悩まされます。

ペグフィルグラスチムはg-csf製剤と呼ばれる種類の薬になります。 ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)の作用機序 通常、細胞は成長が止まっています。勝手に細胞分裂が行われると、臓器の肥大化などを引き起こして機能不全に陥るからです。

g-csf製剤(顆粒球コロニー形成刺激因子製剤)とは、骨髄中の顆粒球系(特に好中球)の分化・増殖を促進する作用や好中球機能亢進作用、好中球に対する抗アポトーシス作用などをあらわすg-csf(顆粒球コロニー形成刺激因子)の製剤で、がん化学療法など

[PDF]

④製薬企業の機密等に関するもの,製薬企業の製剤努力を無効にするもの及び薬剤 師をはじめ医療従事者自らが評価・判断・提供すべき事項については記載されな い。 ⑤「医薬品インタビューフォーム記載要領2013」(以下,「if記載要領2013」と略

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のif記載要領(1998年9月)に準拠して作成 激因子(g-csf)、顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子(gm-csf)の分泌を促進させ白血 m-csf製剤として販売するに至った。

[PDF]

④ 製薬企業の機密等に関するもの,製薬企業の製剤努力を無効にするもの及び薬剤師をは じめ医療従事者自らが評価・判断・提供すべき事項については記載されない。 ⑤ 「医薬品インタビューフォーム記載要領2013」(以下,「if 記載要領2013」と略す)に

g-csf製剤(顆粒球コロニー形成刺激因子製剤)とは、骨髄中の顆粒球系(特に好中球)の分化・増殖を促進する作用や好中球機能亢進作用、好中球に対する抗アポトーシス作用などをあらわすg-csf(顆粒球コロニー形成刺激因子)の製剤で、がん化学療法など

Dec 18, 2018 · ジーラスタは「 好中球 」の増殖を促したり、機能を亢進させたりする「g-csf製剤」に分類されています。 以下のような働きによって、好中球の増加・機能亢進を促すと考えられています。 好中球前駆細胞から好中球への 分化促進

[PDF]

本剤の成分又は他の顆粒球コロニー形成刺激因子製剤 に過敏症の患者 2. 骨髄中の芽球が十分減少していない骨髄性白血病の患 持続型g-csf製剤 刷り色スミ+dic159

[PDF]

1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書(以下,添付文書と略す) がある。医療現場で医師・薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬

作用時間の延長で より効果的な新薬登場
[PDF]

1 . 医薬品 インタビューフォーム 作成 の経緯 当該医薬品 について 製薬企業 の医薬情報担当者(以下、 mr と略す) 等にインタビュー し、 当該医薬品 の評価 を行うのに 必要 な医薬品情報源 として 使われていた インタビュー

G-CSF 適正使用ガイドラインの見かた: 本ページには,日本癌治療学会 G-CSF 適正使用ガイドライン2013 年版ver.5(2018 年3 月29 日公開) を掲載しています。

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領2013に準拠して作成 G-CSF製剤 Filgrastim BS Injection Syringe「F」 フィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続1]注射液 剤 形 注射

(G-CSF から転送) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 09:44 UTC 版) 顆粒球コロニー刺激因子(かりゅうきゅうコロニーしげきいんし、granulocyte-colony stimulating factor)とは、サイトカインの一種で顆粒球産出の促進、好中球の機能を高める作用がある。

添付文書情報 はこちら | インタビューフォーム g-csf製剤併用時の外国人mm患者における薬物動態は外国人健康成人(g-csf製剤併用なし)の薬物動態と類似しており、g-csf製剤併用によるモゾビルの薬物動態に対する影響はないものと考えられている。

[PDF]

健常者に対するg-csf 種末梢血幹細胞 採取は、通常4~5 日間のg-csfの皮下投与に続く1~2日間、各4時間前後の成分 採血(アフェレーシス)により行われる。 g-csf 投与中から投与直後の骨痛など急性期の副作用やアフェレーシスに伴う健康被害があるが、そ

m-nfs-60細胞は、顆粒球コロニー形成刺激因子(g-csf)依存的に細胞増殖を示すことが知られている。m-nfs-60細胞に対する増殖活性を指標に、本剤及び標準製剤*)の比活性を測定した。本剤と標準製剤の比活性は、同程度の値を示した。

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF 記載要領2013 に準拠して作成 痔 疾 用 剤 剤形 軟膏 製剤の規制区分 該当しない 規格・含量 1 容器(2.4g)中 トリベノシド リドカイン 271.2mg 54.2mg 一般名 和名:トリベノシド(JAN)

[PDF]

④製薬企業の機密等に関するもの,製薬企業の製剤努力を無効にするもの及び薬剤 師をはじめ医療従事者自らが評価・判断・提供すべき事項については記載されな い。 ⑤「医薬品インタビューフォーム記載要領2013」(以下,「if記載要領2013」と略

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のif 記載要項(1998 年9 月)に準拠して作成 抗インフルエンザウイルス剤 指定医薬品 処方せん医薬品 リン酸オセルタミビル製剤 タミフルカプセル75 タミフルド

g-csf(顆粒球コロニー刺激因子)のページです。g-csfは分子量約 19kda,174 個のアミノ酸からなる糖蛋白質でil-6と44.6%の相同性をもつ. 骨髄ストロ-マ,単球などから産生され,好中球系細胞の分化増殖の促進,成熟好中球の機能亢進という作用をもっている.感染症のときの白血球増加症,癌化学療法

[PDF]

④製薬企業の機密に関するもの、製薬企業の製剤努力を無効にするもの及び薬剤師を はじめ医療従事者自らが評価・判断・提供すべき事項については記載されない。「医 薬品インタビューフォーム記載要領2013」(以下、「

低血糖処置にグルカゴンGノボ注射用1mgを注射される方へ

・g-csf 製剤(グラン注、ノイトロジン注、ノイアップ注) なお、フィルター透過性試験の有無については、添付文書や医薬品インタビューフォームに記載されていることがあります。

NEUPOGEN (filgrastim) is a 175 amino acid human granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) manufactured by recombinant DNA technology. NEUPOGEN is produced by Escherichia coli (E coli) bacteria into which has been inserted the human granulocyte colony-stimulating factor gene. NEUPOGEN has a molecular weight of 18‚800 daltons.

製品名 添付文書 インタビュー フォーム くすりのしおり 製剤写真 生物学的 同等性試験 安定性試験; ナシビン点鼻・点眼液

g-csfは、遺伝子組み換え技術によって生成することができます。ただ、g-csf製剤は、投与するとすぐに分解されてしまうので1日1回の投与が必要です。 既存のグランやノイトロジンだと、前述の通り1日1回

白血病とg-csf 白血病のときなぜg-csfが投与されるのでしょうか。 腫瘍内科医です。白血病の治療すべてにおいてg-csfが投与されるわけではありません。急性骨髄性白血病(aml)の場合、白血病細胞がg-csf

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 剤形 注射剤(液剤) 製剤の規制区分 特定生物由来製品、処方箋医薬品 注) 注)注意-医師等の処方箋により使用すること 規格・含量 ハイゼントラ® 20%皮下注1g/5mL 1バイアル中 人免疫グロブリンG 1,000mg

[PDF]

g-csf製剤 処方箋医薬品注) フィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続1]注射液 日本標準商品分類番号 873399 75μg 150μg 300μg 承認番号 22400amx01416 22400amx01417 22400amx01418 薬価収載 2013年5月 2013年5月 2013年5月 販売開始 2013年5月 2013年5月 2013年5月

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領(1998年9月)に準拠して作成 生薬製剤 T72 P72 ヨクイニンエキス錠「コタロー」 ヨクイニンエキス散「コタロー」 剤 形 ヨクイニンエキス錠:錠剤 ヨクイニンエキス散:散剤

[PDF]

g-csfの使用目的 • 好中球数を増加させることが目的ではなく、それに よる感染リスクの軽減のために使用する。 • g-csfを使用しても感染リスクが軽減しなければ、 g-csfの意味はない。 g-csfの保険適応 • 癌種に関係なく anc<1000/μlで使用 • 化学療法に高感受性

g-csf製剤バイオシミラー 4社が発売開始 | 持田製薬、富士製薬工業、日本化薬、テバ製薬の4社は5月31日、遺伝子組み換えヒト顆粒球コロニー刺激

GM-CSF(顆粒球単球コロニー刺激因子:Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor)は、CSF2としても知られます。T細胞、マクロファージ、内皮細胞、線維芽細胞等の細胞が免疫刺激を受けることで産生し、重要な造血成長因子、免疫調節因子として機能します。

2017年07月08日現在 収録数: 1,729記事 記事; 巻号頁; doi. 詳細検索

弊社医薬品の添付文書、インタビューフォーム、製剤写真などの各種製品情報をご覧いただけます。帝人ファーマ株式会社の医療関係者向けサイト「TEIJIN Medical Web」です。

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領(1998年9月)に準拠して作成 消化性潰瘍用剤 Alloid G Oral Solution 5% 剤 形 内用液剤 規 格 ・ 含 量 100mL中アルギン酸ナトリウム5g含有 一般 ¡

2008年より年4回のインタビューフォーム検討会を開催した中で指摘してきた事項を再評価し,製薬企 業にとっても,医師・薬剤師等にとっても,効率の良い情報源とすることを考えた。そこで今般,if記載

G−CSF様作用を有し、G−CSF製剤に代用し得る新規な低分子化合物の提供。 amd 3100 is given together with granulocyte-colony stimulating factor (g-csf) to help move stem cells from the bone marrow to the blood.

新規会員登録. 会員向けコンテンツ多数 さらに専門的な内容もご用意しております。 メールマガジンで最新の医療情報を

2014年11月28日、持続型G-CSF製剤ペグフィルグラスチム(商品名ジーラスタ皮下注3.6mg)が発売された。本薬は9月26日に製造販売が承認され、11月25日

[PDF]

④ 製薬企業の機密等に関するもの,製薬企業の製剤努力を無効にするもの及び薬剤師をは じめ医療従事者自らが評価・判断・提供すべき事項については記載されない。 ⑤ 「医薬品インタビューフォーム記載要領2008」(以下,「if 記載要領2008」と略す)

[PDF]

造血幹細胞は、普段は骨髄の中に多く存在しますが、g-csf製剤を投与すると 骨髄から血液中に誘導され、血液中に多く流れ出します。この現象を動員と呼びます。 press release 図2 骨髄と骨組織の境界図

[PDF]

1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書(以下,添付文書と略す) がある。医療現場で医師・薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領2013 に準拠して作成 剤形 メプチンエアー10μg吸入100回 :エアゾール剤 メプチンキッドエアー5μg吸入100回 :エアゾール剤 メプチンクリックヘラー10μg :ドライパウダー式吸入剤

[PDF]

– 37 – 医療事故情報収集等事業 第56回報告書 分析テーマ G-CSF製剤の誤った投与に関連した事例 【2】G-CSF製剤の誤った投与に関連した事例 抗がん剤の投与により骨髄機能に障害を受けると、白血球、赤血球や血小板が減少する骨髄抑制

医療関係者の方を対象に、バイオジェンが提供する医療用医薬品の製品情報を掲載しています。 一般の方の閲覧はご遠慮頂いていますので、ご了承ください。