豪雨 災害 多発 国土交通省 – 道路冠水箇所マップ

国土交通省のウェブサイトです。 平成30年7月豪雨による被害状況について(第51報以降)(第52報 2019年1月9日 15時00分現在) 国土交通省の水災害に関する防災・減災対策

国土交通省 · 防災情報提供センター

総合的な豪雨災害対策についての緊急提言 (平成16年12月2日)(pdfファイル 269kb) 「豪雨災害対策緊急アクションプラン」(平成16年12月10日)へのリンク (pdfファイル 96.8kb) 総合的な豪雨災害対策の推進について(提言)(平成17年4月18日)(pdfファイル 50.3kb)

「大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策のあり方について」答申(平成30年12月) 【概要】大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策のあり方について(pdf形式:272kb) 【本文】大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策のあり方について(pdf形式:446kb)

~平成30年7月豪雨と復旧への記憶~ 「記憶~平成30年7月豪雨と復旧への記憶~」は、平成30年7月豪雨における中国地方の被害概要、国土交通省中国地方整備局やTEC-FORCEによる復旧活動、被災地支援等の概要をとりまとめた資料です。

平成24年:九州北部豪雨災害、平成25年:台風第26号による伊豆大島における災害、 平成26年:広島における大規模砂災害、平成27年:関東・東北豪雨災害など; 今後、気候変動により、関東・東北豪雨で発生したような 施設能力を上回る洪水の発生頻度は

1月9日の日経新聞に国土交通省が頻発する豪雨災害に対応する水害対策と街づくりの連携強化に係る有識者会議の初会合を1月8日に開催したという記事がありました。 この会合では、災害リスクに関する情報の整備や浸水リスクのある地域での開発規制等について検討するようです。本年6月頃に

[PDF]

平成24年梅雨前線・台風4号 九州北部豪雨 矢部川 堤防決壊 その2 平成25年梅雨前線等・台風4号・台風7号 山口県老人ホーム 土砂災害 平成25年豪雨 津和野・萩 山口県観測史上最大降雨 平成25年台風第18号 桂川 特別警報(運用後初) その3

[PDF]

平成30年7月豪雨災害のまとめ 9 ①西日本を中心に、広域的かつ同時多発的に水害・土砂 災害が発生。 ②今回の豪雨では、洪水浸水想定区域や土砂災害警戒 区域において、避難行動を促す情報が発令されていた にもかかわらず、人的被害が多く発生。

国土交通省の任務、報道発表資料、政策、統計情報、申請・手続きに関する情報を掲載しています。

平成29年4月13日(木曜日)、土木学会講堂(東京都新宿区四谷)において、土木学会主催による「平成28年8月北海道豪雨災害と復旧状況等に関する報告会」が開催されました。

近年、九州の各地で多発する豪雨災害. 平成24年7月 九州北部豪雨(熊本県白川流域) 国土交通省 九州地方整備局

国土交通省 中国地方整備局 平成30年7月豪雨の写真・動画 >>中国地方整備局webサイト「平成30年7月豪雨の写真・動画」のご利用について. 土砂災害(国道31号)

八本木山レーダ雨量計の更新により観測精度が向上します!~国土交通省「川の防災情報」※1で配信開始~ 九州地方整備局における平成30年度の工事及び業務の発注見通し公表(7月時点)について; 7月1日~7月31日は、「河川愛護月間」です。

国土交通省 関東地方整備局 防災のページです。災害を受けやすい日本の国土について、災害を予防する取り組み、災害発生時の取り組み、ハザードマップ、水位や雨量の情報、防災対策など。

国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることが

[PDF]

大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策検討小委員会(国土交通省) ..8 2. 防災気象情報の を超えるような豪雨災害は発生していなかった。 安芸郡坂町等において同時多発的に発生した土石流等により多くの人的被害がもたらさ

[PDF]

(1)自然災害の頻発の影響と豊かな自然環境の保全 ①災害に強い国土づくり 九州は、梅雨時に集中豪雨が多発するとともに、全国と比較して勢力の強い台風が 資料)国土交通省九州地方整備局

八本木山レーダ雨量計の更新により観測精度が向上します!~国土交通省「川の防災情報」※1で配信開始~ 九州地方整備局における平成30年度の工事及び業務の発注見通し公表(7月時点)について; 7月1日~7月31日は、「河川愛護月間」です。

【1月21日】 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する国土交通省幹部会議の開催 【1月19日】 中部国際空港・スペースジェット最終組立工場を赤羽大臣が視察 【1月19日】 パナマ・メキシコを青

東海地方に、未曾有の被害をもたらした、東海豪雨(2000年9月) あれから15年・・その記憶を未来へ語り伝え、次世代へ引き継ぎ防災意識の向上を目指して、当時の被害の大きさ怖さを学び、被災者の体験を伝える為、このポータルサイトを開設します。

[PDF]

長崎災害 集中豪雨により土砂災害が発生。死者・行方不明者 計259人という大惨事となった。 発生年月日 概 要 資料:「SABO」国土交通省砂防部監修 及び 「土砂災害の実態」昭和57年~平成12年

今年も7月の西日本豪雨や9月の台風21号などの水害、6月の大阪北部地震や9月の北海道胆振東部地震など大規模な自然災害が頻発しています。国土交通省における災害対応について、(1)被害情報の把握提供、状況調査、道路啓開などの初期対応、(2)切迫

国土交通省関東地方整備局は、関東地域の集中豪雨時における事故防止及び安全な道路交通の確保を図るため、「道路冠水箇所マップ」を公表しています。 近年、局地的に短時間で数十mmの雨をもたらす異常豪雨が多発しています。

国土交通省北陸地方整備局 [案内図はこちら] 〒950-8801 新潟県新潟市中央区美咲町1-1-1 電話 025-280-8880 ご利用上の注意 リンク・著作権 プライバシーポリシー

さらに国土交通省によれば、岡山県倉敷市真備町・小田川や徳島県・吉野川の堤防決壊など、河川の氾濫は16件、それに伴う道路や橋梁の流失

国土交通省 関東地方整備局 防災のページです。災害を受けやすい日本の国土について、災害を予防する取り組み、災害発生時の取り組み、ハザードマップ、水位や雨量の情報、防災対策など。

鉄道網には同時多発災害の爪痕が今も残る。 国土交通省によると、西日本豪雨では中国や四国、九州などの鉄道事業者で最大32社計115路線が

国土交通省は27日、豪雨災害の多発を受けて設置した有識者検討会(委員長・角哲也京大防災研究所教授)の初会合で、これまで浸水想定区域を

[PDF]

の豪雨災害を教訓とし、激甚化・頻発化する豪雨災害に対し、いかに避難対策の強化を 図るか、災害リスクと住民の取るべき避難行動の理解促進等の論点について整理し、今後 実施すべき取組をとりまとめ

小山町災害時の活動状況 jpg(236kb) 沼津河川国道事務所. 台風に対する国土交通省沼津河川国道事務所の対応について(第6報)(平成22年9月16日) pdf(136kb) 台風に対する国土交通省沼津河川国道事務所の対応について(第5報)(平成22年9月15日) pdf(134kb)

国土交通省 関東地方整備局 防災のページです。災害を受けやすい日本の国土について、災害を予防する取り組み、災害発生時の取り組み、ハザードマップ、水位や雨量の情報、防災対策など。

災害から見た地理空間情報-雪害-(国土地理院) 大雪の災害対策に活用できる地理空間情報のリストを掲載: 防災知識: 土砂災害から命を守る防災教育(国土交通省 砂防部) 防災に関する教育・啓発活動のための、出前講座や学習素材の紹介: 災害復旧事業

近年の土砂災害の多発や、それに対する各種法整備状況を踏まえ、中之条町、長野原町、嬬恋村、草津町、群馬県、国土交通省等の防災担当者が一堂に会し、地震後の初動対応から大規模土砂災害の発生、地震後の降雨、住民避難といった一連の流れを想定した防災訓練を実施します。

日本の各地で「ゲリラ豪雨」と恐れられる局地的大雨や線状降水帯による集中豪雨が多発している。これらの豪雨災害による人的被害、浸水被害、土砂災害、水難事故が毎年のようにニュースになって報じられている。こうした豪雨をいち早くかつ的確に観測・予測することは、水防や避難誘導

[PDF]

国土交通省東北地方整備局 平成30年7月豪雨 ・全国125地点で48時間降水量が観測史上最高を更新 ・西日本で広域・同時多発的に河川氾濫、がけ崩れが発生

[PDF]

国土交通省では,台風や集中豪雨等の自然災害が 多発したことを踏まえ,ハード面での対策に加えて 情報・広報等のソフト対策を加えた多角的な取組を 推進するため,平成18 年6 月に「国土交通省安全・ 安心のためのソフト対策推進大綱」を策定した.こ

平成28年8月北海道豪雨(へいせい28ねん8がつほっかいどうごうう)は、2016年(平成28年)8月7日から8月30日にかけて、合わせて4つの台風が北海道に上陸、ないし、接近し、前線が刺激されて引き起こされた集中豪雨の通称。 気象庁が名称を定めた気象現象ではないが 、同じ国土交通省の北海道

国土交通省近畿地方整備局は、近畿地方における河川や道路、港湾空港、公園、官庁施設の管轄を行っています。ホームページでは各種申請手続きや現場見学のご案内、各分野の事業の取り組みについて紹介しています。

国土交通省は、地球温暖化による豪雨の増加などを想定した治水計画の見直しを始めた。気候変動に対応する「適応策」として、河川の堤防整備

平成26年9月11日、道央地方を襲った豪雨は各種交通機関に甚大な影響を及ぼし、 北海道初となる特別警報や避難勧告などが各地で発令されました。 その豪雨により、札幌と支笏湖を結ぶ国道453号では十数カ所におよぶ 土砂崩れや 土石流が発生。

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

一般国道9号の出雲市と大田市境の「仙山峠」付近は、急カーブが連続し交通事故の多発する島根県内でも有数の交通の難所となっています。また、平成18年7月豪雨災害では、国道9号が全面通行止めとなる等、災害が頻発する区間ともなっています。

国土交通省では、平成11年6月の土砂災害を契機に、平成13年度から広島西部山系直轄砂防事業に着手し、砂防堰堤の整備を進めています。また、平成26年8月豪雨災害や平成30年7月豪雨災害に対し、関係機関と連携・調整して緊急事業による土砂災害対策を

[PDF]

国土交通省関係 補正予算の概要 平成29年12月 国土交通省. 基本的考え方 1.九州北部豪雨等の大規模災害からの復旧、九州北部豪雨等を踏 豪雨災害等が多発していることを踏まえ、防災事業の円滑化や災害

2018年西日本豪雨を含む7月の大雨により全国で発生した土砂災害は8月2日13:30の時点で1,518件に達しました(国土交通省の集計)。最近10年間の年間平均である約1,100件を1ヶ月足らずで上回っており、短期間に土砂災害が集中したことが鮮明になりました。土砂災害を土石流、地すべり、がけ崩れ

国土交通省の総力を挙げて国民の命と暮らしを守る! ~第1回国土交通省防災・減災対策本部を開催し、「総力戦で挑む防災・減災プロジェクト~いのちとくらしをまもる防災減災~」をスタート~

2013年7月28日(日)中国地方の豪雨による被害状況に鑑み、同日18:09 近畿地方整備局は災害対策本部は支援対策本部を設置し、8月11日(日) 18:55 支援対策本部を廃止するまでの間、中国地方にtec-force隊(緊急災害対策派遣隊)及び照明車などの災害対策車両を派遣し災害復旧支援を行いました。

平成30年7月豪雨災害等のページを更新しました。 令和元年12月18日: 入札・契約ページの「物品役務に関する発注の見通しの公表について」を更新しました。 令和元年12月16日: 入札・契約ページの「オープンカウンターの発注情報」を更新しました。

[PDF]

平成30年7月豪雨の特徴と河川災害 (関西地区を中心に) 角哲也・佐山敬洋 (公社)土木学会関西支部災害調査団 (京都大学防災研究所) 平成30年7月豪雨災害 関西調査団 2018.8.9 関西大学千里山キャンパ

・国土地理院国民保護計画(平成28年3月)[pdf:245kb] ・防災パンフレット「国土地理院の防災・減災への取組」(平成28年2月)[pdf:26.4mb] ・国土地理院から防災に関するお知らせ「災害時における職員の宿泊施設の確保等の協力に関する協定」締結に係る公募

近年の集中豪雨の多発により、水害・土砂災害が後を絶ちません。国土交通省河川局では、河川改修や砂防設備の整備等の計画的な整備を着実に進めているところですが、施設整備による効果の発現には長期間を要すため、災害から身を守るための事前情報

昨年、全国各地で豪雨災害が多発したため、国土交通省では12月10日に「豪雨災害対策緊急アクションプラン」をとりまとめ

[PDF]

東海豪雨により名古屋市で甚大な浸水被害が発生するとともに、11年6月末の梅雨前 線に伴う豪雨により、福岡市ではビルの地階への浸水で1人が溺死し、広島市及び呉 市では山ろくに展開した住宅地が同時多発的な土砂災害に見舞われ計24人が死亡す

ふりがな. 土砂災害(どしゃさいがい) 台風(たいふう) 集中豪雨(しゅうちゅうごうう) 火山活動(かざんかつどう)

国土交通省によると、台風19号による土砂災害発生件数は10月24日の午前8時30分の時点で590件だ。発災から2週間しかたっておらず、浸水の影響で土砂災害の調査が出遅れているため、増える可能性はある。

[PDF]

「7.11豪雨災害」20年事業小谷村シンポジウム 3 「7.11豪雨災害」シンポジウム. 繰り返される. 土砂災害に備えて 甚大な被害をもたらした平成7年7月11日 の豪雨災害から20年の節目を迎えるにあた り、ともすると薄れてしまう災害の記憶を

全国のハザードマップ公表状況をまとめた「わがまちハザードマップ」です。

[PDF]

2)増大する災害リスクと国土交通省の対応 「防災意識社会」について 洪水 “防災“意識社会 他の自然災害(地震・津波、土砂災害、高潮、内水等)にも拡大 平成27年9月関東・東北豪雨 平成26年8月豪雨による 広島県で発生した土砂災害

国土交通省は2017年12月、政府の2017年度補正予算案に盛り込む主要事業を公表した。この中で、自然災害リスクが高い地域での緊急防災・減災対策を推進するとして、九州北部豪雨を踏まえた中小河川の緊急治水対策に予算を措置する方針を示した。

国土交通省近畿地方整備局は、近畿地方における河川や道路、港湾空港、公園、官庁施設の管轄を行っています。ホームページでは各種申請手続きや現場見学のご案内、各分野の事業の取り組みについて紹介しています。