高野連 新潟 社説 – 社説|球児の健康問題/球数制限が本質ではない

「選手第一」の先駆的な取り組みに、なぜ「待った」をかけるのか。時代の流れに沿わぬ決定に驚くばかりだ。 新潟県高校野球連盟が春の大会で

日本高校野球連盟は7日、大阪市内で新潟県高野連の杵鞭(きねむち)義孝専務理事から「球数制限」導入について説明を受けた。日本高野連の

福井県高野連. Explorer 5.0以上でご覧下さい。文字のサイズは小で最適化しております。) このサイトは、新潟県高等学校野球連盟の公式サイトです。

社説 . ホーム; 社説 球数制限の議論を主導してきた新潟県高野連は、2011年に県内のほかの野球団体と協議会を設立し、けが予防や練習法など

センバツ 県推薦の北越高、21世紀枠選外に /新潟 来春の第92回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の21世紀枠は、9地区の候補校が

(本社)〒950-8535 新潟市中央区万代3-1-1 tel : 025-385-7111(代表) (黒埼本社)〒950-1189 新潟市西区善久772-2

秋季高校野球県大会 村上桜ケ丘VS日本文理 きょう決勝 昨秋と同一カードに /新潟 2016年09月20日; 県高野連 優秀選手14人発表 中越から今村投手ら3

連載をフォロー 社説 昨年12月、新潟県高野連が「球数が100球に達した投手は次の回から登板できない」との独自規定を発表し、議論が本格化

昨年12月、今年の春季新潟大会で投球数が100球に達した投手はそれ以降の回で投球できない、とするルールを独自に取り入れると明らかにしたからだ。導入は見送られたが、日本高野連は投手の障害を予防する有識者会議を発足させた。

社説; 高校野球 過密な日程を改められないか 「1試合100球」を掲げた、新潟県高野連の問題提起が発端だった。 日本高野連の有識者会議は11

連載をフォロー 第101回全国高校野球 新潟大会 県高野連「球数制限」問題に一石/下 野球のあり方、温度差 /新潟

(社説)球児の健康 取り組みを重ねよう 100球という独自の制限を導入しようとして議論の火付け役となり、会議にも参加した新潟県高野連の

社説:投球数の制限 選手の故障防ぐ一歩に とりわけ投球過多にどう歯止めをかけるかが懸案だった。新潟県高野連が昨年12月、春季新潟大会

社説; オピニオン・声 強打が持ち味で、新潟大会では好機の集中打で打ち勝ってきた。2年生バッテリーをはじめ、ベンチに入る選手の半分を1、2年生が占める。2009年の準優勝を上回る「全国制覇」を目

議論が本格化したのは昨年12月、新潟県高野連が春季県大会で1人の投手が1試合に投げられる数を100球までとする独自のけが対策を表明したことが

*** 新潟県高等学校野球連盟からのお願い *** <球場へ来場される皆様へ> 当連盟主催の諸野球大会において、以下の点について、ご協力をお願いします。

日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会での導入を目指していた投手の球数制限について、新潟県高野連に、再考を求めることを決めた。

新潟県高野連は18日、日本高野連から再考を求められていた今春の新潟大会に限った投手の球数制限導入について、実施を見送ることに決めたと発表した。

社説 [高校野球改革] 投球数の指針づくりを 議論の火付け役となったのは新潟県高野連だ。昨年12月、今年の春季新潟大会で投球数が100球に達した投手はそれ以降の回で投球できない、とするルールを独自に取り入れると明らかにしたからだ。

May 10, 2017 · 兵庫県高校野球連盟は9日、神戸市内で理事会・評議員会を開き、2017、18年度の役員を決めた。八木基雄会長(60)の後任には、姫路東高校長の田

何だ、この言い訳社説は? 私たちはこれまで社説で、「特待生制度をすべて悪と決めつけられるだろうか」と指摘してきた。 高野連も特待生制度そのものを否定しているわけではない。 ええええ?

朝日新聞社の高校野球情報サイト。夏の全国高校野球選手権地方大会の試合速報に加え、都道府県別ニュース・写真特集など高校野球に関する様々な情報を掲載しています。

社説:投球数の制限 投手の健康守る第一歩 故障の原因となる投球過多は長年の懸案事項だった。有識者会議は、昨年12月に新潟県高野連が

社説:エース登板せず 大会の在り方見直しを 球界では、投手を故障から守ろうという意識が年々高まっている。昨年12月には新潟県高野連が

社説コラム . 社説; 正平調 投球数制限の必要性も度々、指摘されてきた。議論が本格化したのは昨年12月、新潟県高野連が春季県大会で1人の投手が1試合に投げられる数を100球までとする独自のけが対策を表明したことがきっかけだ。

日本高野連は全国一律での対応を求め、新潟県に待ったをかける一方、「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足させ、1年をめどに

【社説】投球数制限 球児優先の改革さらに 高野連が腰を上げたのは、新潟県高野連が昨年の春季大会で1試合100球の投球数制限を検討したのが

【社説】投球数制限 球児優先の改革さらに 高野連が腰を上げたのは、新潟県高野連が昨年の春季大会で1試合100球の投球数制限を検討したのが

高野連、暑さ対策に最大15万円. 夏の地方大会に助成金. 日本高野連は5日、大阪市内で業務運営委員会を開き、各都道府県高野連が、今夏の第101回全国選手権大会

新潟県高野連は20日、2019年度の優秀選手を発表しました。9月 28 日(土) 9時 15 分~(準決勝戦の第1 試合前)三条パール金属スタジアムにて。 ※当日の試合が順延となっても、表彰式はスタジアム内会議室で行い ます。

新潟県高野連は18日、日本高野連から再考を求められていた今春の新潟大会に限った投手の球数制限導入について、実施を見送ることに決めたと

>新潟県高校野球連盟は昨年末、今春の県大会から投手に投球数制限を導入する方針を打ち出した。実施は見送られたが、日本高野連は4月、新潟からの問題提起を受けて「投手の障害予防に関する有識者会議」を発足させた。

有識者会議は、昨年12月に新潟県高野連が、春季県大会で1人の投手が1試合で投げられる球数を100球とする独自の投球制限の導入を表明(のちに

「1週間で500球」、高野連に球数制限答申 (11/20) 神宮野球大会、高校の部は中京大中京が初V (11/20) 【新潟】帝京長岡高 野球部監督に芝草さん 元日ハム 「甲子園勝てるチームに」 (11/16) 【神奈川】選抜21世紀枠に三浦学苑を推薦 県高野連 (11/16)

高校球児が身体能力の高さを競う第45回野球部対抗競技大会(主催・沖縄県高校野球連盟)が7日、県総合運動公園陸上競技場ほかで行われた。宮古・八重山の両会場を含め、県高野連加盟の58校が参加。3月の春季大会に向けて体力づくりに励む選手たちが、日頃の鍛錬の成果をぶつけ合った。

東京新聞TOKYO Webの社説やコラムをご覧いただけるページです。朝刊1面のコラム「筆洗」も掲載しています

新潟県出身のプロ野球選手とOBによる小学生野球教室とトークショーなどのイベント「とにかく新潟野球の日2019」(主催・新潟野球ドットコム、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ 協力:シンプルベースボールアカデミー)が28日、新潟市の

2019年11月16日(土)付け小説朝日新聞社説『球児の健康 取り組みを重ねよう』を読んでの感想。以下感想。 2019年11⽉12⽇付け朝日『野球少年の肩ひじ検査「恐ろしい結果」 軟式の全国⼤会』より、『同連盟の宗像豊⺒専務理事は「恐ろしい結果で、このままでは危険。

新潟県青少年野球団体協議会主催の「niigata 野球サミット 2018」の席上で、新潟県高野連が、2019年の春季新潟県大会から投手の球数制限を導入

投手の投球数を1試合につき1人100球までに抑える新潟県高野連の「球数制限」に、東北各県の高野連が関心を寄せている。現時点で導入に向けた

新潟県高野連が春の県内の大会で投手の球数を1試合100球に制限する方針を打ち出し、その後撤回した。本紙では選抜大会に出場した九州勢の監

社説 [高校野球改革] 投球数の指針づくりを 新潟県高野連は26日、日本高野連が再考を求めている今春の新潟県大会における投手の投球数制限の導入につ

社説・コラム : 天気: 囲碁・将棋 き)投手(大船渡)が登板せずに敗退した。投手のけがを防ぐ動きを加速させたのは、新潟県高野連による

新潟県選手団は、優勝1、女子総合4位・6位を含む合計11の入賞を獲得しました。選手・監督・応援団が一丸となり、スキー大国新潟の底力を見せてくれました。 次回、来年度は地元新潟県「妙高市」を舞台に、第69回大会が開催されます。

社説コラム . 社説; 正平調 投球数制限の必要性も度々、指摘されてきた。議論が本格化したのは昨年12月、新潟県高野連が春季県大会で1人の投手が1試合に投げられる数を100球までとする独自のけが対策を表明したことがきっかけだ。

社説・論説の最新ニュース覧です。全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地方創生・写真・動画。地域の文化や活力を発信

日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会での導入を目指していた投手の球数制限について、新潟県高野連

第141回北信越高校野球県大会(県高野連、新潟日報社主催)は23日、三条パール金属スタジアムと新発田市五十公野公園野球場で準々決勝4試合を

高校球児の投手に球数制限をすべきか。新潟県高野連が導入に動いた「一試合百球」制限ルールが波紋を広げている。日本高野連は待ったを掛け

高校野球の最新ニュース覧です。全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地方創生・写真・動画。地域の文化や活力を発信

新聞各紙の社説も微妙に変化していますが、もっとも面白いのは、読売系列の福島民友が読売とは派手に異なる論調を維持していることです。 なお、同社説によれば、学法石川と日大東北は野球部員を特待制度の対象外にしているそうです。

新潟県高野連は18日、日本高野連から再考を求められていた今春の新潟大会に限った投手の球数制限導入について、実施を見送ることに決めたと

高校野球の故障防止策/総合的な取り組みが必要だ 日本高野連は投手の故障防止のため、来春開催の第92回選抜大会を含む春季大会から「1人の1

10月16日に間質性肺炎のため64歳で死去した日本高野連の竹中雅彦前事務局長のお別れ会が1日、大阪市内で開かれ、多くの高校野球関係者や野球日本代表前監督の小久保裕紀氏、プロ野球日本ハムの栗山英樹監督らが参列して別れを告げた。

新潟日報社は2007年2月21日、同社の社説が朝日新聞の社説を盗用していたとして、朝日新聞社などに謝罪した。それによると、06年11月21日付の社説

新潟県高校野球連盟が県大会で投手の球数制限を導入することにしたのはブラボー だったのですが、 なんと、最も野球に詳しいはずの日本高野連がこれに「待った」を 新潟日報も本日、社説で『時代に沿わぬ決定』!!と、憤って述べています!

新潟県高野連は26日、日本高野連が再考を求めている今春の新潟県大会における投手の投球数制限の導入について、3月末までに審議・回答すると